スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW 3シリーズ ツーリングのラインナップ

BMWの中核であるのがわりとコンパクトな、BMW 3シリーズです。
伝統的にツーリングと呼ぶ、ステーションワゴンモデルを設定してきました。

2012年現行モデルが登場し、燃費、環境性能の向上を目指したエンジンは、
全グレードにターボエンジンを搭載し、さらに 2015年8月にはマイナーチェンジしています。

BMW 3シリーズ ツーリングのラインナップは、
 ・1.5L直3DOHCターボエンジン、2L直4DOHCターボエンジンと、3L直6DOHCターボエンジン、
 ・2L直4DOHCディーゼルターボエンジン、
のように、出力の異なる種類に加え、ディーゼルターボエンジンもあり、
すべて、8速ATとの組み合わせとなっております。

駆動方式はFRをメインに、2L直4DOHCターボエンジンには4WDも設定されています。
セダンに比べてディーゼル搭載モデルの販売比率が高いのが、
3シリーズ ツーリングの特徴です。
スポンサーサイト

メルセデスベンツとBMWグループの電気自動車のモデル

メルセデスベンツは歴史が古く、日本で最もよく知られている海外高級車ブランドの一つです。
メルセデスベンツのCクラス、CLAクラス、Aクラスが人気ベスト3となっています。

メルセデスベンツは、「Ecoluxe」という名の電気自動車(EV)専用のプラットフォームを開発中で、
「EVA」と呼ばれる電気自動車アーキテクチャーが、2種類のセダンと2種類のクロスオーバーの、
4種全てのモデルに採用されることになっているようです。

一方、BMWグループの電気自動車は、
小型電気自動車 BMW 「i3」 を改良し、2016年10月に発売しました。
価格は499万~607万円となっています。

最も大きなポイントは、リチウムイオンバッテリーの採用による、運転距離の延長です。
合計511km連続走行可能で、東京から大阪まで一気に走れるようになっているようです。

VWゴルフ7 GTIのインテリア

ゴルフ7 GTIのインテリアには、
レザーハンドルとシフトブーツの赤いステッチ、
タータンチェック柄のトップスポーツシートなど、
GTI専用アイテムが数多く取り入れています。

メルセデスベンツ Bクラス マイナーチェンジ

メルセデスベンツ B クラスは、15年1月にマイナーチェンジを実施しております。

実用性を高めるため、後席のスライド機能アップし、またスイッチ操作で、
エンジンを始動できるキーレスゴーも用意して、使いやすくしております。

安全装備と使い勝手を大幅向上させ、
シャープな LEDライトで、スタイリッシュに変化をつけています。

フォルクスワーゲン ゴルフ

ベーシックカーの基準として、高く評価され続けているのが、フォルクスワーゲン ゴルフです。
1974年登場の初代ゴルフは、コンパクトなハッチバックボディに、室内空間と走行性能を持ち、世界中で大ヒットとなりました。

7代目ゴルフは、2013年に国内導入され、プラットフォームを一新しています。
エンジンは、1.2L、1.4Lのダウンサイジングターボと、スポーツグレードには、2Lターボを搭載。
プラグインハイブリッドのグレードもラインアップされております。

また、安全装備としては、衝突回避・軽減ブレーキ、9個のエアバッグ、疲労検知システムなど、全グレードに標準装備しています。

後輪駆動モデルのBMW 1 シリーズ

BMW 1 シリーズについては、
BMWエントリーにして、ハッチバックモデル唯一の、
後輪駆動モデルとなっています。

2011年にフルモデルチェンジしてからはスムーズな乗り心地と、
スッキリと軽いながら、インフォーメーション性は抜群のステアリング・フィールとなっています。
その後、2016年に高性能モデル M140i とクリーンディーゼル118 d が追加されています。

2015年5月にはマイナーチェンジにより、
ワイド&ロー感を強調する最新のBMW顔へチェンジされています。
さらに、2016年に高性能モデル M140i とクリーンディーゼル118 d が追加されています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。