BMW 3シリーズ ツーリングのラインナップ

BMWの中核であるのがわりとコンパクトな、BMW 3シリーズです。
伝統的にツーリングと呼ぶ、ステーションワゴンモデルを設定してきました。

2012年現行モデルが登場し、燃費、環境性能の向上を目指したエンジンは、
全グレードにターボエンジンを搭載し、さらに 2015年8月にはマイナーチェンジしています。

BMW 3シリーズ ツーリングのラインナップは、
 ・1.5L直3DOHCターボエンジン、2L直4DOHCターボエンジンと、3L直6DOHCターボエンジン、
 ・2L直4DOHCディーゼルターボエンジン、
のように、出力の異なる種類に加え、ディーゼルターボエンジンもあり、
すべて、8速ATとの組み合わせとなっております。

駆動方式はFRをメインに、2L直4DOHCターボエンジンには4WDも設定されています。
セダンに比べてディーゼル搭載モデルの販売比率が高いのが、
3シリーズ ツーリングの特徴です。
スポンサーサイト

後輪駆動モデルのBMW 1 シリーズ

BMW 1 シリーズについては、
BMWエントリーにして、ハッチバックモデル唯一の、
後輪駆動モデルとなっています。

2011年にフルモデルチェンジしてからはスムーズな乗り心地と、
スッキリと軽いながら、インフォーメーション性は抜群のステアリング・フィールとなっています。
その後、2016年に高性能モデル M140i とクリーンディーゼル118 d が追加されています。

2015年5月にはマイナーチェンジにより、
ワイド&ロー感を強調する最新のBMW顔へチェンジされています。
さらに、2016年に高性能モデル M140i とクリーンディーゼル118 d が追加されています。